みかん箱

誰かに話すのは面倒だな。というお話をするブログです。

デジタル

電子書籍って便利ですよね。

スマホ持ってれば手軽にいつでも何処でも読めちゃうわけですから。

だから、電子書籍を優先して買ってしまうわけですが・・・。

小説とか実用書とかの活字って、何で紙媒体の方が読みやすいんですかね。スマホの画面になった途端に全然内容入ってこなくて困ってます。進まない進まない。漫画はスラスラ読めますのに。

これでも私たち夫婦は本が大好きだったりしまして。ほぼ本専用の部屋があったりするわけでして。そろそろ整理しなくてはいかんという量になっているわけでして。処分するなら自炊をしようということでして。

自炊をするということは、本を裁断するということです。

この活字たちを電子化してしまって後悔しないのか???

という疑問と現在たたかっているのです。本題ここです。

一度読んだ本とはいえ、読みにくくなってしまっては未来の自分が悲しむのでは?と。

性格的に割とケチなので、電子版を買うとか、後悔したら本を買い直すとかいう解決方法はとりたくないのです。

この!手元にある!この本の処遇に!!悩んでいるのです!!!

 

・・・あと、裁断だけ委託するか、裁断機を買ってしまうか。これも悩み。

良い感じの裁断機で良い感じにスパッとできたら、なかなかの爽快感が得られそうですもの。

あ~悩ましい。

 

過去の自分の行動を鑑みるに、おそらく半年後には裁断機を買っていることでしょう。

 

ふふ。